貴方のピアノを高く売るためのノウハウ
貴方の大切なピアノを高く買い取ってもらう為には、まずはピアノが引き取られてから、その後はどうなるのかを知っておきましょう。

  • 査定 ⇒ 引取り運搬作業 ⇒ オーバーホール(修理・調律等)⇒ 販売 ⇒ 配送設置作業
  • 各工程でそれぞれ費用が掛かりますので、1社で全てを完了できる業者の方が余分な経費を削除できますし、その分を買取り価格に還元できることになります。
  • タキガミピアノ(有)では全ての工程を社内で完了いたします。弊社のピアノ専門技師が責任を持って全工程を管理・実施しています。
ピアノの買取り価格(査定金額)は、基本的には下記の3項目から算出しますが、同じ種類のピアノでも「c.保存状態」によって価格が上下しますので、日頃のメンテナンスはとても重要です。

  1. メーカーと品番
  2. 製造年
  3. 保存状態
査定の前には出来るだけ綺麗に掃除しておきましょう!

  • 表面の埃をピアノ用毛バタキなどで払い、汚れなどがある場合は柔らかい布で軽く拭き取りましょう。力を入れすぎると表面にキズがついたりしますので注意して下さい。
  • 鍵盤なども柔らかい布で汚れを拭き取りましょう。洗剤や薬剤はひび割れの原因になりますので使用しないで下さい。
本体以外の付属品(椅子・カバー・キーカバー)も、綺麗に掃除した状態で揃えておきましょう。
ピアノ買取り時は搬出費用や運送費用が掛かりますので、それが買取り金額に含まれているのか、或いは別途請求だとすればその金額を必ず確認しましょう。
複数の業者に見積り査定してもらい、ある程度の相場価格を把握しておきましょう。
現物を見て査定したにも関わらず、後で金額が変わる業者もいますので、注意して下さい。

  • メールや電話だけで現物を見ていない査定は、お客様からの申告内容に基づいて査定しますので、現物を確認した際に申告と異なる内容があった場合は査定金額が変わることがあります。
ホームページなどで業者の実態を確認し、信頼できる業者かどうかを確認しましょう。
ピアノを粗大ゴミで処分しようとしても、自治体では引き取ってくれないことが多い様ですのでご注意下さい。

  • 駄目元で、まずは弊社にご相談下さい。迅速に無料で査定させて頂きます。
  • どんなに古くて壊れていても、最終判断は専門技師に相談しましょう。
引越しの機会にピアノの処分をお考えの場合は、引越し業者とピアノ業者の2社を使うより、1社で両方できる方が経費分を節約できます。

  • 弊社ではピアノ関連の業務と併せ引越し業務もいたしておりますので、安心してご相談下さい。【 全国総合配送受付け|関東圏貨物運送許可 関自貨2第210号 】
タキガミピアノ(有)では、大切なピアノの搬出から運送、運搬、ピアノのオーバーホールや修理、調律など全てを社内のピアノ専門技師が行いますので、お引取り後の無駄な経費が一切掛かりません。従いまして、その分を全て買取り価格に反映させていただいてます。
 
 

自分で出来る賢いお手入れ情報!!

ピアノにとって湿気は大敵!!

  • ピアノを良好な状態に保つためには常に湿気対策が重要ですので、乾燥剤は必ず入れておきましょう。ピアノ専用乾燥剤というのがありますが市販品に比べ割高なのが難点です。乾燥剤をこまめに入れ替えることを考慮しますと市販の安い乾燥剤でも充分効果はありますのでそちらもお薦めします。
    乾燥剤は新品か使い古しか見分けが付き難いので、ピアノ専門業者の中には使い回しする様な業者もいると聞きますので、新品の乾燥剤であることを必ず確認して下さい。
防虫対策をして下さい!!

  • ピアノ本体は虫に対して弱い材質からできていますので、防虫剤を入れておくなどの防虫対策が必要です。市販の防虫剤でも充分効果は期待できますので内部にピン止めなどで入れて下さい。ピアノ専用の防虫剤というのがありますが市販品に比べ多少割高となっています。防虫剤は使用期限が過ぎると効果が無くなりますのでご注意下さい。
調律は定期的にしましょう!

  • 調律期間を空け過ぎますと一度の作業では充分な調律が出来ないことがあり、複数回の調律作業をしなければならない場合がありますので、1年に1回は実施することをお薦めします。メーカーに比べピアノ専門業者の方が比較的料金が安いと思います。
フレンジコード(バットスプリングコード)の劣化と破損!

  • 長期間使用したピアノのフレンジコードはどうしても劣化して破損し易くなってしまいます。破損するとタッチの感覚が変わったり、音が出にくかったり、雑音が出たりすることがありますが、全く気付かないで弾いていることも多い様です。しかし破損した状態で引き続けると最悪の場合、鍵盤が動かなくなってしまうこともありますので、調律と同じ様に定期的にチェックして劣化が進んでいる場合は交換が必要です。ピアノ専門業者に依頼すれば比較的安い料金で出来ると思いますので一度、相談してみて下さい。

 

ピアノ専門技師によるピアノ専門会社

タキガミピアノ有限会社
〒179-0084
東京都練馬区氷川台2-1-2
練馬本社 TEL:03-3932-6133(東京)

全国総合配送受付け
関東圏貨物運送許可
関自貨2第210号

2018.11.05.Update.